シロツメクサと花かんむりと子どもと

道東で天然顔料のクレヨンや絵の具を作っている
手作りクレヨン工房 Tuna-Kai さん

まだ直接お会いしたことはないけれど、
かつて同じ団体で天然顔料を学び
同じ大学出身
そして天然の色でお仕事をしている先達と
して すごいなあと思ってみていますが

シロツメクサできれいな黄色の顔料がとれると
投稿されていて、とってもびっくり

道東よりやや暖かい西胆振では
シロツメクサの盛りは過ぎてきていますが

まさに最近、必死?で鎌で刈っていた
アトリエの玄関前は一面シロツメクサ(狭いけど)

今日は遅れに遅れている絵本制作の日ですが
並行して早速お花を集めて染めてみました

量が少ないのでかなり時間をかけて煮出して
みました
液は薄い茶色系
オーガニックガーゼストールを入れてみましたが
あんまり色はつかないもよう・・・う〜ん

3本のうち2本のストールを明礬で媒染

すると!おお
tuna-kaiさんのおっしゃる通り
きれいなレモンイエローになりました
嬉しい・・・
水洗いしてさらに染色

残りの一枚はちょっと予感がして
鉄媒染してみると
とても美しい緑系に・・・
鉄媒染をどこで止めるか悩みました

地元の素材で染めよう と今年は思ってますが
正直思ってもみない素材でした・・・感動
それにしてもシロツメクサから黄色がとれるとは
本当に植物は不思議です

シロツメクサといえば
タンポポと同じように
小さい時に花輪を作ってかんむりにしたり
ネックレスにしませんでしたか?

今の子どもたちはするかしら・・・

アカツメクサの蜜を吸いながら
学校から帰ったなあ
(アカツメクサも黄色だそうです)

そんなことも思い出す、草木染めはやはり
温もりがあるなあとうれしくなります

もともと自然が好きで始めたこと
だから 色は出たものをもらう
色を追って必要以上に薬品を増やさない

それは自然から色をもらうものの
流儀だと改めで思うのでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA